スポーツ団体の自立・自律と ガバナンスをめぐる法的諸問題

ガバナンスをめぐる法的諸問題 スポーツ団体の自立

Add: kezozy34 - Date: 2020-12-12 05:57:15 - Views: 5301 - Clicks: 6866

スポーツ団体の自立・自律とガバナンスをめぐる法的考え方 奥島孝康 -----シンポジウム スポーツ団体の自立・自律とガバナンスをめぐる法的諸問題 司会:白井久明・森 浩寿 報告 スポーツ基本法制定に向けて. スポーツ法ガバナンスにおける弁護士の役割 菅原哲朗. シンポジウム スポーツ団体の自立・自律とガバナンスをめぐる法的諸問題. スポーツ法ガバナンスにおける弁護士の役割 (日本スポーツ法学会第18回大会 : スポーツ団体の自立・自律とガバナンスをめぐる法的諸問題) -- (シンポジウム) 菅原 哲朗 日本スポーツ法学会年報 = JSLA (Japan Sports Law Association) annual (18), 30-40,. スポーツ団体の自立・自律とガバナンスをめぐる法的諸問題 (日本スポーツ法学会年報)www. スポーツ団体の自立・自律とガバナンスをめぐる法的諸問題 めっちゃ好きやねん!関ジャニ∞ 年迎える8周年!エイトビートが止まらない! 超デジタル時代の「学び」 よいかげんな知の復権をめざして jマニア 129 心とからだの健康 1月号. 『クリエイティブ・ラーニング:創造社会の学びと教育』 (年 リアリティ・プラス)井庭崇らと共著 【担当執筆】 1.

5 2 プロスポーツ以外の選手の法的地位 26 ⑴ 社会人の場合 26 ⑵ 大学生の場合 26 ⑶ 高校生、中学生の場合 26 3 プロスポーツ選手をめぐる法律の適用――プロスポーツ選. 家によるガバナンスの独占の崩壊であった。市民の自立(自律)力の高まりは,もとも と「私」の領域と考えられてきた問題領域を「公」の領域に次第に置き換えていく。シ ビル・ガバナンスの「公共化」と言い換えてもいい。. 『IT2001 なにが問題か』(年 岩波書店) 「市民は政策形成に参加できるか?(404~425頁)」 「共. 『インターネットの素朴な疑問』(年 あさ出版)鈴木寛研究室の学生らと共著 5. 『研究開発強化法』(年 科学新聞社)林芳正らと共著 10. 『コンクリートから子どもたちへ』(年 講談社)寺脇研と共著 11. ,,“‘Nothing but Trouble’: The Soviet Union’s Push to ‘Democratise’ International Sports During the Cold War,”, The International.

スポーツ団体の自立・自律とガバナンスをめぐる法的諸問題 (日本スポーツ法学会年報 / 日本スポーツ法学会 編, 第18号) エイデル研究所,. 『ドラえもん社会ワールド 政治のしくみ』(年 小学館) 【共著】 1. 『情報教育ジャーナル第一巻第一号』(年 大学教育出版)加納寛子らと共著 16. 『情報編集力』(年 筑摩書房)(165~185頁)藤原和博 他 2. jp スポーツガバナンスを謳った本はこの3冊が日本語で刊行されています。. スポーツ団体の自立・自律とガバナンスをめぐる法的諸問題. 教育 「 コンクリートから人へ」をスローガンに、ハードからソフト・ヒューマンに国家予算配分構造の転換を実現。年度に、文部科学省予算が国土交通予算を上回る。公共事業予算をカットし、文教予算・社会保障予算を拡充、事務次官会議の位置づけを見直すとともに、政策コンテストなど、より現場の民意が反映される予算編成システムを実現。 コミュニティ・スクール(地域住民、保護者が学校経営に参画し、教師らと一体となって学校づくりや教育に取り組む学校)構想を、慶應義塾大学時代に金子郁容慶應義塾大学教授らとともに考案し、「ボランタリー経済の誕生」「コミュニティ・スクール構想」の出版等を通じて提案。参議院議員として、地教行法の改正や放課後子ども教室、学校支援地域本部、コミュニティ・スクール推進事業を実施し、13年間でコミュニティ・スクール1500校、学校支援地域住民本部設置校3500校、放課後子ども教室実施校10000校を、学校ボランティアの数は全国で650万人を超える。教育基本法に定める教育振興基本計画に、コミュニティ・スクールの倍増を盛り込む。 熟議運動を構想・展開。全国の小学生向けに子ども熟議、中学生熟議、大学熟議、公民館熟議などを推進。すでに1000箇所を超える。同時に、エビデンスに基づく、多様な当事者による熟議による政策形成の場づくりとして「熟議カケアイ」プロジェクトを文部科学省において実施。 学ぶ権利拡充を実現。学びの質向上のため、35人以下学級を法制化・教員数増に尽力。教員増10300人。教員養成の見直し、教職大学院充実に尽力。年4月より高校無償化を実現。年より大学生希望者全員奨学金実現。年当時69万人であった奨学金受給大学生数を12年間で倍増し150万人に。国際人権規約13条(中等教育無償、高等教育漸進的無償化)の批准留保撤回を実現。 科学技術系人材の育成・発掘を推進。科学の甲子園(高校生向け)、科学のインカレ(大学生向け)を創設。国際科学オリンピック(高校生向け)対策を強化。中学生向け創造性の育成塾(有馬塾長)をサポート。 スポーツ団体の自立・自律と ガバナンスをめぐる法的諸問題 ソーシャルリーダー育成のため、全国中学生生徒会長サミット振興。全国高校生徒会長サミットを応援。 ステークホルダーを巻き込んだ大学改革を推進。産学人財育成円卓会議立ち上げ。ソーシャルリーダー育成のため、リーディング大学院.

2 スポーツ団体は、スポーツの振興のための事業を適正に行うため、その運営の透明性の確保を図るとともに、その事業活動に関し自らが遵守すべき基準を作成するよう努めるものとする。. 大会テーマ: スポーツ団体の自立・自律とガバナンスをめぐる法的諸問題. 日本スポーツ法学会年報第18号 スポーツ団体の自立・自律とガバナンスをめぐる法的諸問題. 中央教育審議会 次代を担う自立した青少年の育成に向けて-青少年の意欲を高め,心と体の相伴った成長を促す方策について-(答申. ・ 1月26日(土) とりあえず「体罰」問題の原稿出しました ・ 1月23日(水) ようやく人心地がしています ・ 1月18日(金) 「スポーツと体罰」 ・ 1月17日(木) 昨日は忙しい日でした。 ・ 1月15日(火) 「ラオス織物展示即売と講演会」無事終了(. 日本スポーツ法学会(編集) 本体価格:4286円 発行年月:/12 ISBN:Cコード:3032 管理番号:268.

『徹底検証 官僚劣化』(年 中央公論 Digital Digest)牧原出、清水真人らと共著 15. 司会:白井久明・森 浩寿. 第18号 年 スポーツ団体の自立・自律とガバナンスをめぐる法的諸問題 第19号 年 スポーツ基本法制定と今後の課題 第20号 年 法的観点から見た競技スポーツのIntegrity-八百長,無気力試合とその対策を中心に-. 『これから学校教育のことを語ろうじゃないか』(年 図書文化社)梶田叡一らと共著 14. スポーツ団体の自立・自律とガバナンスをめぐる法的諸問題の通販 電子書籍化お知らせメール 商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。. 53 奥島孝康,,「スポーツ団体の自立・自律とガバナンスをめぐる法的考え方」,『日本スポーツ法学会年報』,18:6-21. 54 Parks, J.

『コミュニティ・スクール構想』(年 岩波書店)金子郁容らと共著 6. 「労基法四条をめぐる法的課題」 日野 勝吾(東洋大学大学院) 「労働者による内部告発に関する法的諸問題の検討」 第392回 年12月4日(土) 石橋 敏郎(熊本県立大学) 「地方分権改革における所得保障の将来-生活保護制度を中心にして」. Amazonでのスポーツ団体の自立・自律とガバナンスをめぐる法的諸問題 (日本スポーツ法学会年報)。アマゾンならポイント還元本が多数。作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 『中央省庁の政策形成過程』(1998年 中央大学出版会)城山英明、細野助博らと共著 4. 第18号 ()「スポーツ団体の自立・自律とガバナンスをめぐる法的諸問題」 第17号 ()「アジア各国におけるスポーツ法の比較研究」.

スポーツ連盟・団体の経営 をめぐる諸問題は、長い間の行政依存体質が生んだこうした戦略的マネジメント力の脆弱さに起因していると考えられる。 もう1つは、スポーツ諸組織間の「連携・協働関係」を強化することである。. スポーツ基本法制定に向けて (日本スポーツ法学会第18回大会 : スポーツ団体の自立・自律とガバナンスをめぐる法的諸問題) -- (シンポジウム) 鈴木 寛 日本スポーツ法学会年報 = JSLA (Japan Sports Law Association) annual (18), 24-29,. 学生野球団体のガバナンスの歴史的検討 : 高校野球の処分問題を中心にして (日本スポーツ法学会第18回大会 : スポーツ団体の自立・自律とガバナンスをめぐる法的諸問題) -- (シンポジウム) 中村 哲也. 『ボランタリー経済の誕生』(1998年 実業之日本社)下河辺淳 松岡正剛 金子郁容らと共著 3. 政策形成過程、政策デザイン、教育政策、医療政策、情報政策、NPOマネジメント、社会起業、情報社会、知価社会、ネットワークコミュニティ、医療・教育などのソーシャルヒューマンサービスの公共政策、科学・社会・イノベーション、情報教育などを1997年以来、ほぼ継続して教鞭をとり続ける。 とりわけ、「情報社会におけるソーシャル・イノベーション、ソーシャル・プロデュース」をテーマに、通産省時代の1995年に自主ゼミを設立。中央大学総合政策学部、慶應義塾SFC、東大駒場キャンパスで続けてきた、いわゆる「すずかんゼミ」の卒業生はじめ教え子は1000名を超え、ITベンチャー、社会起業家、NPO活動家、官僚、メディア、教育、医療、産業界などで活躍中。例えば、被災地復興ボランティア(人づくり、まちづくり)に関わる有力な活動をしている人材の多くが、ゼミ出身者かゼミと強い関係をもっている。学生時代に日本初の大型MBOに成功し、現在、ネットビジネス最大手企業のCOO、日本最初で最大の学生インターン派遣NPOの創業者、ニューズウィークが選ぶアジアの社会起業家百人の一人に選ばれた病児保育創業者、TIME誌のカバーとして取り上げられ日経ウーマンオブザイヤー選出された高校困難校の意欲啓発事業や東北で教育支援活動を行う社会事業家、ブータンで首相補佐はじめ、各界で活躍中。年12月にAERAが実施した日本を元気にする若者100名特集で、15名程度がすずかんゼミナール関係者。全国一万校に広がった放課後子ども教室事業、学校ボランティア、駅ナカクリニックの草分け「ナビタスクリニック」、熟議運動、オリンピック招致を望む学生の会などはいづれも、すずかんゼミナールでの先行プロジェクトをたたき台にして始まった。 1992年 シドニー大学 客員研究員(アジア太平洋経済協力) 1997年4月 中央大学総合政策学部兼任講師(~1999・3) 1999年4月 慶應義塾大学環境情報学部助教授(〜.3) 年4月 早稲田大学IT教育研究所客員助教授(~) 年4月 東京大学教養学部非常勤講師(~,~現在) 年10月 大阪大学工学部研究科ビジネスエンジニアリング専攻非常勤講師(~) 年4月 中央大学公共政策研究科客員教授(~,~現在) 2.

『テレビが政治をダメにした』(年 双葉新書) 4. 『熟議のススメ』 (年 講談社) 5. スポーツ団体の自立・自律とガバナンスをめぐる法的諸問題 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 『特定債権法の解説』(1995年 (財)通商産業調査会)通産省取引信用室室員と共著 2. 『教育をめぐる虚構と真実』(年 春秋社)神保哲生、宮台真司らと共著 9. 第18号 ()「スポーツ団体の自立・自律とガバナンスをめぐる法的諸問題」 第17号 ()「アジア各国におけるスポーツ法の比較研究」 第16号 ()「スポーツと人権」.

『先生復活―にっぽんの「先生」を再生する 』(年 ヒトメディア) 2. しかし、そのスポーツ団体のガバナンスの問題というのは、机上の学習によって一朝一夕で改善されるようなものではなくて、団体の事務体制の確立、あるいは諸規則など関係規定の整備、あるいは理事や評議員など団体役員を含めた関係者全員の意識改革. 『賢者の訓導』(年 アルテミス)加藤寛、野田一夫らと共著 13.

過去問題解説証券分析 合格答案をマスターする 新検定簿記講義2級工業簿記 日本商工会議所主催・簿記検定試験 平成24年度版 楼蘭の砂 三浦百合子句集 全図解日本のしくみ. スポーツ; 文化; 御意見・お問合せ; プライバシーポリシー; リンク・著作権について; アクセシビリティへの対応について; 文部科学省 〒東京都千代田区霞が関三丁目2番2号 電話番号:代表ip 電話代表) 案内図. See full list on suzukan. スポーツ基本法制定に向けて 鈴木 寛. エイデル研究所. 『「熟議」で日本の教育を変える』(年 小学館) 3. ・スポーツ団体の意義やガバナンスに対する社会的懸念の増大 ・当協会体制の変化:太田会長 目指した「あるべき姿」 ・タイミング:変わるなら今しかない、今変わらないといけない ・体制:財政的に環境変化に強く、自律的なガバナンスのきく体制に.

自律する自治体組織へ - Ryukoku University. 『子育てキャッチボール』(年 徳間書房)古田敦也らと共著 8. 『知のジムナスティックス 学問の臨床、人間力の鍛錬とは何か』(年 大阪大学出版会) 石川直樹、大阪大学コミュニケーションデザインセンターらと共著 12. Legal issues with independence, autonomy, and governance of sports organizations. 『中学改造』(年 小学館)藤原和博らと共著 7. スポーツ競技統括団体の経営におけるガバナンスの始原的問題 : uefaのガバナンスからの考察(特集>スポーツ経営とガバナンス) 上田 滋夢, 山下 秋二 年東京五輪とスポーツ・ガバナンスの変容 : スポーツ行政をめぐる外在的力学に注目して( 特集>スポーツ. 12 日本スポーツ法学会年報 / 日本スポーツ法学会 編 第18号. 1986年4月 通商産業省入省 資源エネルギー庁石油部計画課配属(係員) 原油のみ認められていた輸入を、ガソリンはじめ石油製品の輸入解禁 護送船団型産業政策(生産割当、貿易割当)転換の先行事例となった 石油産業規制改革、円高差益還元問題 1988年1月 国土庁地方振興局総務課企画係長兼地方産業振興室係長 ふるさと創生プロジェクト 新産業都市・工業特別地域振興 テクノポリス・頭脳立地地域振興 リゾート地域振興 多極分散型国土形成促進法制定 1989年7月 通商産業省産業政策局総務課総括係長 日米構造問題協議 90年代産業政策ビジョン策定 大規模小売店舗法改正はじめ流通政策の規制改革 スポーツ産業振興・Jリーグ立ち上げ 1990年7月 通商産業省生活産業局日用品課総括課長補佐兼伝統的工芸品産業振興室総括室長補佐 伝統的工芸品産業振興法改正(人材育成、活性化) ガラスびん等容器リサイクル法制定 生活文化産業振興 ニューオフィス運動 食空間と生活文化ラウンドテーブル(TALK)立ち上げ 湾岸戦争物資調達 1992年7月 シドニー大学特別研究員(ジェトロ出向) 当時閣僚級会議であったAPECの首脳会議実現化支援 香港返還問題対応 ジェトロ香港産業調査員事務所立ち上げ支援 天安門事件後の対中投融資再開問題対応 華僑・華人ネットワーク研究 1993年6月 山口県工業振興課長 超高温材料研究センター再建・活性化 米国NASA研究所JPLとの共同研究(熱電材料) 山口大学工学部産学共同研究センター立ち上げ (量子井戸効果を活用したLED開発拠点に) 県内中小企業振興 異業種交流による新産業育成 企業誘致・工業団地整備 1995年6月 通商産業省産業政策局取引信用室総括室長補佐 リース・クレジットはじめノンバンクの不良債権処理 住専機構立ち上げ ABS(資産担保型証券)発行解禁 日米金融協議 インターネットの普及・利用拡大 日本初のインターネット上での電子商取引実験開始 ECOM(電子商取引推進協議会)立ち上げ インターネットを用いた電子決済制度構築 ICカード実験開始 1997年4月 通商産業省機械情報産業局情報処理振興課総括課長補佐 WIDOWS95登場以降の本格的PC時代におけるソフトウエア産業 振興 情報サービス産業振興 (JAVA、クラウドコンピューティングの先駆けとな.

日程: 年 12 月 18 日(土) 場所:早稲田大学法学部9号館 5 階第 1 会議室 (西早稲田キャンパス) 受付時間 9 : 00 ~ =====.

スポーツ団体の自立・自律と ガバナンスをめぐる法的諸問題

email: orelesi@gmail.com - phone:(623) 674-2833 x 5561

最短合格 よくわかる証券外務員 二種 2017 - きんざい教育事業センター - 病院の実力 がん医療

-> こぎつねキッコ - 本間正樹
-> 地球の裏側からの東日本大震災復興支援 - 仮屋茂

スポーツ団体の自立・自律と ガバナンスをめぐる法的諸問題 - 伊勢崎とわ 思いがけない結婚


Sitemap 1

大阪ベタこて観光 - まのとのま - 島尾敏雄